咳@NAVI-咳の病気





当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
sponsored link




病気の症状として咳が出る場合も多くありますので、咳の出方や頻度、度合いなどによって病気の正体を明らかにしなければなりません。

風邪の症状として咳の出ることが最も知られているかもしれませんが、風邪の場合と非常によく似た咳が出る場合があります。

たとえば『気管支炎』の症状としての咳については、風邪とほとんど変わりません。

ただ、風邪のときに起こるほかの症状が一通り治まってもその後なお、咳が出続けるのです。

気管支炎が慢性化していくと、『喘息』になることも考えられます。

気管支にいつも炎症があることによって、のどに常に異物感があり、咳をせずにはいられないということになるのです。

『肺炎』の症状としての咳もまた、風邪の場合の咳と変わりがないため、病気を見分けることは非常に困難です。

レントゲンを撮影すると肺の部分に白い影が写ってわかるということになります。

『百日咳』は本当に危険なものであり、乳幼児期に接種することが推奨されている『三種混合ワクチン』にも含まれています。

百日とはいわないまでもその名の通り、非常に長い間咳が出続けますので、体力のない小さな子供が感染すると生命の危機も考えられます。



sponsored link


咳@NAVI  All Rights Reserved  サイト内の画像・文章等の無断使用を一切禁止します